ここは「ぴこぞうコーナー/九品寺(くほんじ)」のページです。



九品寺(くほんじ)

開祖は弘法大師だそうです。
開山は白河院で、平安時代永保年間(1018〜83)に院自ら勅願御廟寺の意をこめて伽藍を建立し、船井郡十一郷に及ぶ広大な寺田を寄進した上、第三皇子の覚行法親王を住職と定められた名刹であるとのことです。
また、古くから船阪観音の名で親しまれ、その霊験をもって信仰が普及し、九品安楽の浄土と慕われ、鎮護国家の道場ともされました。
左の写真は九品寺大門(仁王門)。
資料によると、「その後寺運は栄えたが、南北朝、室町時代の戦乱期に諸堂裏微し、元和9年(1623)園部領主小出吉次によって修造再建されて一旦旧観に復した。しかし、昭和の戦中戦後になると、管理に人を得ず、大門を残して諸堂悉く廃絶に頻したことで、その間に観音、不動明王等の多くの寺宝もまた流出してしまった。その一部はアメリカ・メトロポリタン美術館に収蔵されている。昭和63年(1988)には白河院・覚行法親王の850年御忌が厳修された。」とあります。
左の写真は、門をくぐった後の道です。
現在は、どなたもいらっしゃらないそうです。誰が管理されているんでしょうか?

【電話】 0771-62-3704 (誰もいなかったです)
【駐車】 ちょっとしたスペースあり
【住所】 京都府南丹市(旧船井郡)園部町船阪大門47-1

▲ページトップに戻る