ここは「ぴこぞうコーナー/スポーツチャンバラ」のページです。






スポーツチャンバラ(眞正会Japan)

さてさて、今回は第2弾企画でもお世話になりました「眞正会Japan」様のスポーツチャンバラの練習にお邪魔しました。
スポーツチャンバラの練習は毎週土曜日に園部体育館で行なわれています。
実は体験させていただこうと思っていたのですが、この日は急な仕事が入り、園部に戻ってきたのがギリギリで、朝からピザトースト1枚しか食べておらず、疲労こんぱいでしたので、大事をとって遠慮させていただきました。体力には自信がないので・・・。情けないですが。
練習開始時刻の8時少し前に体育館に到着すると、空手着を身にまとった代表の田中さんをはじめ10人以上の方々が集まっておられました。
練習前とあって、どの子供達も楽しそうな笑顔で体育館を飛び回っていましたが、練習の開始は武道家(子供たちはまだかな?)らしく黙想から始まりました。部外者ながら身の引き締まるような良い緊張感が身を包みます。(昔やっていた剣道の雰囲気を思い出しました)

様々な準備体操をすること10数分、剣を持っての練習が始まりました。
左の写真が剣と面です。剣は自転車のタイヤチューブのように空気を入れて使用します。面は写真では見にくいですが、前面に透明のガードがついています。内側の頭の部分や耳の部分にはクッションが付いていて、衝撃から守ってくれます。
練習後、剣で自分の足を思いっきりたたいてみましたが、スゴイ音がするものの、痛さは感じませんでした。これならお子さんでも安心です。
練習中はみんな本当に楽しそうに、そして真面目に練習に取り組んでいました。その後、2組に分かれての試合形式の練習では、勝ったり負けたり白熱した試合もたくさんあり、見ている方もつい真剣に見入ってしまいました。(ので、写真がありません・・・すいません)
見ていて、とても気持ちよかったことの一つとして、勝っても負けても必ず相手に「礼」をすることを徹底されていました。これってとても大事なことだと思いませんか?勉強なんかより遥かに。(言いすぎかもしれませんが)
上の写真は練習後の1コマです。みなさんお疲れ様でした。
左は練習後にされていた稽古です。右が代表の田中さんです。左の方は小西さんです。小西さんはキックボクシングをはじめいろいろな武道の経験者で遠く北白川から来られています。
今回は見学だけでしたが、実際に体験してみなければわからないことは多々ありそうです。次こそは体験し、体験記を掲載しようと思います。
練習は毎週土曜8時から園部体育館にて

【ホームページ】 http://www.shinseikaikarate.com/japan/

▲ページトップに戻る